兵庫県の通信制高校でしっかりと学ぶことができました

無事に狙っていた大学に合格することができました

中学3年生で不登校になり毎日部屋で過ごしてばかりいた無事に狙っていた大学に合格することができました同じ学校に通っている周囲の生徒の存在も大きかった

反対されるかもしれないという気持ちもありましたが、父も母も前向きに考えられることが見つかって良かったと喜んでくれました。
自分もクラスメイトが嫌になって学校に行かなくなっていたため、父と母に協力してもらってその通信制高校に中学時代の同級生がいないかどうか調べてもらい、いないようだったので本格的に入学するために準備するようになったのです。
無事入学することはできましたが、一般的な高校と違って学ぶことができる内容に大きな差があるのではないか、高校を卒業した後の進路が決まらないのではないかという不安がありました。
けれども、実際に通ってみるとそういった心配は必要なかったと感じることになったのです。
週に数回の通学なので自分自身で勉強しなければならないことは多いですが、課題が出されるのでそれをこなすことで勉強で遅れが感じられることはありませんでしたし、分からないことは優しい先生たちに質問しやすい環境が整っていました。
通っているうちに将来は大学に行ってもっと専門的なことを学んでみたいと思うようになったのですが、先生に相談したところ大学進学希望者向けの参考書を紹介してもらうことができたり、定期的に進路の相談にのってもらうこともできたので良かったです。
両親も初めは通信から大学に行けるのだろうかと心配していたようですが、受験が近づいてきて受けるようになった模試の結果や日々の頑張りから、きっと大丈夫だろうと言ってくれるようになりました。
先生からの手厚いサポートのおかげもあり、無事に狙っていた大学に合格することができました。
思いもよらず通うことになった高校でしたが、今では本当に通って良かったと感じています。